sponser

レーシックでの医療訴訟その2

日本でのエキシマレーザー角膜屈折異常の矯正術である
レーシック手術が認められたのは2000年です。


それまでは近視矯正はRK手術が主流でした。

RK手術は専門医の間でも問題視され、
レーシック手術でも医師の経験不足から手術に問題が発生し、
裁判にまで発展したという事例もありました。


レーシック手術に関連して過去に起こった裁判の事例として
どんなものがあるのか調べてみました。


日本でレーシック手術が始まった2000年に大阪地裁で
レーシック手術に関する裁判が2例ありました。

この2例はどのような原因で裁判になったのでしょう。


まず1件目。

レーシック手術を検討してクリニックを訪問した原告に対し、
レーシック手術を受けることで考えられる、
術後の合併症・副作用などのリスクを説明せず、
レーシック手術を受けることのメリットばかりを強調し
手術を受けることを承諾させた。

レーシック手術を受けた原告は術後の合併症により
レーシック手術を受ける前より視力が低下。
損害賠償請求を起こしたものです。

この裁判では当然、医師の説明義務違反を認める判決が下されました。


過去にこういった判例があったことから、近年レーシック手術をしているクリニックでは、術前に必ず患者に対し手術を受けることに対して後遺症などのリスクを負うことを説明した上で患者さんの承諾を得ることを徹底しているようです。



もう1件。

同様に術前に十分な説明をせず、さらに執刀担当の医師が技量不足で、
フラップを作る際に失敗してしまったというもの。

また手術中に当然行われるべき目の消毒や洗浄も行われす、
患者の角膜に異物が混入し角膜が濁り、
フラップの失敗によって不正乱視も起こるという
最悪な後遺症を残す結果となってしまった事例です。


近年、レーシック手術の技術レベルは進化しており、
こういった事例が起こることはまず考えられません。

ただレーシック手術導入当初には表沙汰にならない問題が
様々あったようですね。



レーシックでの医療訴訟その1

レーシック手術が幅広く認知される以前は問題もありました。

レーシックによる手術が普及する以前は
近視矯正のための手術としてRK手術が採用されていました。

過去にRK手術を受けた患者が後遺症を理由として
担当医師とクリニックを相手に裁判を起こした事例が
数件あります。


1991年の事例です。

強度の近視でメガネの使用に不便を感じていたY氏は近視矯正術に関心を持ちます。
そこで、被告となるクリニックに連絡をしてみました。

近視の状態をはかる為の検査を受け、
検査後に医師からカウンセリングを受けたY氏。

「RK手術が近視矯正において大変有用な手術であり
危険性は全くないこと。」
「予約が先々まで詰まっているがたまたま今日キャンセルが出た。
今日であれば手術を受けられる。」

などと決断を促されました。

Y氏も近視が治るなら・・・と承諾し当日手術を受けます。

術後、乱視がひどくなるなどの症状が出たY氏は
2度に再手術を受けます。

しかし改善されるどころかさらに後遺症が悪化した為
クリニックや担当医師を相手に
1千万円の損害賠償を請求する裁判を起こしました。


1998年

判決では医師に対しての損害賠償請求が認められ
原告側が勝訴しています。


「近視矯正手術の内容説明」
「手術後に起こる可能性がある後遺症の説明」

などをしないまま手術を勧めたことに対して
説明義務違反が認められたのです。


レーシック手術の動画

YouTubeからレーシック手術の動画を見つけました。

レーシック手術を見るのはちょっと心臓に悪いかもしれませんが

実際のレーシック手術を追体験することができます!

これからレーシック手術を検討している人は

要チェックです!!








レーシック・イントラレーシック・スーパーイントラレーシックと

いろいろな種類のレーシック手術の技法が開発されています。


今後も随時、レーシック手術関連の動画を見つけて

お知らせして行こうと思っています。

イントラ角膜リングによる視力回復

今までレーシック手術が不適用だった円錐角膜に対して
イントラ角膜リング」を使用することで
視力回復が可能となります。


イントラ角膜リングとは



角膜内に半円のリングを挿入します。

このリングにより円錐角膜の形状が変わり
近視・乱視の治療が可能となります。


イントラ角膜リングの特徴



◎近視・乱視の治療が可能
◎円錐角膜の進行を遅らせる
◎コンタクトの装用が可能となる場合あり
◎リングの取り外しが可能


個人差もありイントラレーシックほどの効果は望めない場合もありますが
視力回復の可能性が高く
円錐角膜の進行が遅くなり
コンタクトの装用も可能となれば
実際にはかなり矯正の成功率は期待できます。

レーシックとは

近年、イントラレーシックをはじめとする屈折視力矯正手術を受ける人が急増しています。


火付け役はゴルフのタイガーウッズ選手のレーシック手術でした。その後、多くのスポーツ選手がこのイントラレーシック手術を受けています。

イントラレーシック手術とは、そもそもレーシック手術で使用されていた機械をイントラ社製のレーザーメスに変更し成功率をアップしたものです。
レーシック手術とはカンナのようなマイクロケラトームという機械で、角膜の表面を薄く削りふた状のもの(フラップ)を作り、めくっておきます。
その部分にエキシマレーザーを照射して角膜の一部を蒸発させることで角膜の厚みを減らします。
その後はまたフラップを元の位置に戻して自然に癒着するまで待つだけ(約2〜3分)。

手術自体は短時間なので、日帰りで行われます。



レーシックの歴史

角膜を切除して裏側を加工した後元に戻す「ケラトミレイシス」という治療法を、1960年代にコロンビアの眼科医が開発しました。

RK(角膜放射状切開術)という治療法が、1970年代にロシアで開発されました。
この治療法は現在のイントラレーシックなどとは違い、角膜の表面にメスで放射線状の切りこみを入れ角膜のカーブを弱めることで視力を矯正する方法です。

1980年代に入りアメリカで、メスに代わりレーザーを用いるPRK(レーザー屈折矯正角膜表層切開術)が開発されました。
この手術はでは、角膜上皮層をはがしてしまい、その下の角膜実質にイントラレーシックと同じようにエキシマレーザーを照射し、角膜のカーブを弱めることによって視力を矯正します。

PRKでは角膜の表面を削りとることによる痛みが続き、視力回復までに時間がかかります。またヘイズの発生、両眼同時に手術をおこなうことができない、などの欠点があります。

今でも一部でPRKはおこなわれているようですが、徐々にこの後登場するイントラレーシックなどの「レーシック」が主流になります。

レーシック(lasik)は1990年にギリシャで開発されました。

レーシックは「マイクロケラトーム」という電動の装置で角膜の表面に薄く切り込みを入れて「フラップ」と呼ばれるふたを作り、そこをめくって角膜実質にエキシマレーザーを照射する視力矯正手術です。

それまでのPRKに対し「レーシック」の場合は、角膜実質にレーザーを照射した後フラップを元にもどすため痛みがほとんどなく、手術後の視力回復が早いという利点があります。
また手術後、点眼を行う期間が短くてすむため緑内障などの副作用が少なくなりました。

レーシック」ではPRKにくらべてより強度の近視を治療できるという利点があります。

その後マイクロケラトームに変わりイントラレーザーを使用したイントラレーシックに発展します。



レーシックの安全性

40年以上前に行われた「ケラトミレイシス」の予後として、現在に至るまで重大なトラブルが発生したと言う報告は出ていません。

このことからも、イントラレーシック等の屈折矯正手術の基本的な安全性・有効性はある程度信頼できる物であると言えそうです。

アメリカでは2000年以降は毎年100万人以上がイントラレーシックなどを受けるほど一般化しています。

日本ではイントラレーシックなどの手術を2005年で推定7万人が受けたと言われています。



レーシックとイントラレーシックの違い

レーシック」がマイクロケラトームという機械を使ってフラップを作るのに対し、代わりにレーザー(イントラレーザー)にを使ってフラップを形成するのが「イントラレーシック」と呼ばれています。

どちらも角膜中央部を蒸散させてしまうため、角膜の厚みが薄くなり角膜の曲率が下がることで近視が矯正されます。

イントラレーシックではレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能です。

レーシックイントラレーシックを受け矯正が成功すれば眼鏡やコンタクトレンズをする必要がなくなります。このため多くのスポーツ選手がこの手術を受けています。

その他、入院の必要がなく、短時間で済むという点や、比較的成功率が高いのが特徴です。


イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザー(アメリカINTRALASE社製)を用いてコンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。イントラレーシックでは通常のレーシックより一段と安全で正確にフラップを作成することが可能となっています。通常のレーシックではカンナ部分の往復運動でフラップの断面が若干でこぼこしたり、フラップのつなぎ目(ヒンジ)の部分が斜めになるためシワの原因となることがあります。これに対してイントラレーシックはコンピュータ制御でフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれています。


イントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてフラップをうすく正確に削ることが可能なので、その分角膜実質層の削りとれる(レンズをへこませる)量が増えて、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することができます。ただイントラレーシックでは通常のレーシックと比べフラップの作成や接着に時間がかかることが指摘されています。また層間角膜炎(DLK)の発生も報告されています。イントラレーシック以外にもエピレーシックやラセック (LASEK)、PRKといった表面照射の屈折矯正手術もあります。イントラレーシックや通常のレーシックと違い、目に対する強い打撃や衝撃でもフラップがずれたりすることがないと言われています。



角膜の形状に対応

イントラレーシックでは従来のレーシックに比べ精度の高いフラップ作成が可能となりました。

そのため従来のレーシックでは適用外となる角膜の形状が極端な人でも、イントラレーシックでは適用となる場合が増えました。

また従来のレーシックでは術後一時的にドライアイの症状が起こる場合がありますが、イントラレーシックではその出現率が低く抑えられるようになりました。

イントラレーシックは従来のレーシックに比べより高度な機器を使用することで、いっそう安全性と精度を高めた手術となっています。
イントラレーシックは従来のレーシックよりも優れている点が多く、屈折矯正手術の中で今最も主流となっています。

イントラレーシックのメリット

レーシック・イントラレーシックには次のようなメリットがあります。

1.痛みがほとんどない
点眼麻酔を行うので手術中の痛みがない。角膜上皮細胞を保護するため術後の痛みもほとんどない(麻酔が切れてから翌日までは痛みを感じる場合がある。)

2.中・強度近視、強度乱視も治せる
実際に適用になるかは検査の結果によるが、イントラレーシックは0.01の視力を1.0まで回復させることが可能。

3.角膜の濁りが少ない
角膜表面を傷つけないため手術後の角膜の濁りが少なくてすむ。

4.両眼同時に可能イントラレーシックは両眼を同時に受けることができ、術後の翌日から日常生活ができる視力まで回復する。術後は翌日からほぼ術前同様の日常生活が送ることが可能。

イントラレーシックの問題点

イントラレーシックでは裸眼視力(メガネやコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ100%向上します。けれど術後は矯正視力(メガネやコンタクトレンズを使用したときの視力)がかえって低下することがあります。

またイントラレーシックの手術で角膜を削り過ぎると遠視になってしまいます。そしてこれを再度修正することはできません。

イントラレーシックの手術では、角膜中心部の曲率しか変わりません。そこで、暗いところなどで瞳孔が開くと、角膜周辺部(術前と変わらない部分)を通った光線が網膜に到達して二重像となってしまうことがあります。


イントラレーシックの手術を適用するときの問題として、まだ近視の進行する可能性のある10代などの若いうちは手術が受けられません。

またイントラレーシックの欠点といえるかわかりませんが、老眼になることは避けられません。ですから一生メガネが不要になるわけではないことも覚えておく必要があるでしょう。
そして視力の良い人は老眼が強いのと同様で、イントラレーシックで視力が回復すると、近視の人よりも老眼の自覚症状が強くなってしまうことがあるようです。

職業的には、パイロットになれない場合があります(日本の航空各社の場合でありパイロットになれる場合も少なからずあるようですが)。


イントラレーシックや従来のレーシック手術を行うと角膜を削り取りますので、将来白内障の手術を受ける場合、眼内レンズが規定の度数とならない「度数ずれ」をおこすことがあります。

また、イントラレーシックや通常のレーシックの術後は、眼を強く圧迫したり衝撃を与えるとフラップがずれたりはがれたりすることがあります。このため、スポーツ選手、特に激しい衝撃が予想される格闘技や球技の選手には向いていません。その場合はイントラレーシックではなく「エピレーシック」「ラセック」「PRK」を選択するのが無難なようです。

イントラレーシックの術前

イントラレーシックはすべての人が受けられるわけではありません。以下のような場合はイントラレーシックの適用外です。

(1)17歳以下:眼球が成長過程で、近視が進む可能性がある。
(2)全身に重篤な病気持っている:糖尿病、膠原病などがある。
(3)眼の病気がある:白内障、網膜疾患、緑内障、円錐角膜、角膜ヘルペス、黄班部変性、視神経障害など。
(4)近視・乱視があまりにも強い
(5)妊娠中
(6)授乳中

イントラレーシックを受けるにはこのようなケースではないか、その他の問題がないか検査を行います。
イントラレーシックが適用と判断された場合は再度検査を行います。この検査は手術準備のためです。この時レーザー照射方法や照射量を決めます。

イントラレーシック手術では入院の準備は不要です。


コンタクトレンズを使用している人がイントラレーシックを希望する場合、角膜にコンタクトの跡が付いているため、コンタクトレンズの跡を取り除かないと正確なイントラレーシック適応検査が行えません。

角膜のコンタクトレンズ跡を取るには、コンタクトの使用を中止して角膜が復元するのを待たなければなりません。

角膜が復元するまでの期間は、ソフトコンタクトレンズ(使い捨てコンタクト含む)で約1週間、乱視用のソフトコンタクトレンズは2週間くらいでコンタクトレンズの跡が消えます。ハードコンタクトレンズは約2週間くらいでコンタクトレンズの跡が消えます。イントラレーシックの適用検査はその後に受けることになります。


イントラレーシックを初めとした各種視力矯正手術を受けるためには、事前の検査が欠かせません。
イントラレーシックを受けられない場合でも、他の視力矯正手術の適用となることもありますので、自己診断ですぐにあきらめず、必ず専門の設備を持つ眼科医に相談してください。

イントラレーシックによって回復できる視力の目安は、自分の眼に最も合ったメガネやコンタクトを掛けた時に見える視力となります。そのため0.03のような強度の近視でもメガネやコンタクトの矯正器具をつけて1.0以上見えていれば、イントラレーシックによって1.0以上に矯正できることになります。


イントラレーシックの手術

視力回復手術の一つであるイントラレーシック(Intra LASIK)とは、角膜にフタ状のフラップを作る際に、高精度な医療用レーザーを使用するレーシックのことです。通常のレーシックで使われるステンレス製マイクロケラトームの代わりにレーザーを用いることで手術の安全性と精度が高まりました。

イントラレーシックではフラップ作成に用いるレーザーとしてアメリカのイントラレース社製レーザーを導入しています。イントラレーシックでは、フラップ作成の手順はコンピューターコントロールで行い、フラップの厚みやサイズ、フラップを支える部分の位置や長さなどの設定が自由にできます。


イントラレーシックではより精度の高いフラップが作成できるため、角膜の形状(急峻または平坦)で従来のマイクロケラトームを使用するレーシックでは適用外だった人でも、安全にイントラレーシックによるを受けられるようになりました。

また近年の装置の進歩で、イントラレーシックでも上位の機種を使用するスーパーイントラレーシックや最新型のコンチェルトスーパーイントラレーシックと呼ばれる手術形式もでてきました。


イントラレーシック手術の手順は次のようになります。
(1)眼を洗浄し目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行う。
(2)開瞼器でまぶたを固定しイントラレースレーザーを照射する。
(3)フラップを開いて、コンチェルトなどの屈折矯正用エキシマレーザーを照射し屈折力を調整する。
(4)余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をし、フラップを元の位置に戻す。フラップは自然に癒着。
(5)まぶたを開いたたまま2分程度安静にし、目薬を点眼して終了。


イントラレーシック術後の注意事項として、
(1)眼を清潔な状態に保つ。1週間ほど外出時に保護用眼鏡をかける
(2)眼をこすらない。1週間ほど就寝時に保護用カバーをする
(3)内服薬・点眼薬を医師の指示通り使用する
(4)飲酒・喫煙は3日間は控える
(5)仕事は翌々日ごろから
(6)読書やパソコンの使用は翌日から
(7)夜間の自動車・バイク等の運転は見え方に慣れるまでは控える
(8)眼に負担がかかるスポーツ(水泳・格闘技等)は約1ヶ月後から医師に確認して
などがあります。

洗髪・洗顔ともに翌日から可能です。手術当日も眼に水が入らないように肩から下のシャワーは可能で、顔は濡れタオルで拭く程度にして、眼はこすらないようにします。


イントラレーシックの失敗

イントラレーシックの副作用には次のような状態があります。
(1)「ハロ」明るい光源の周囲がにじんだように見える
(2)「スターバースト」明るい光源の周囲に光の筋が広がって見える
(3)「グレア」強い光を見たとき眩しさを感じ対象物が見えにくくなる
(4)「コントラスト低下」明け方や夕暮れ、室内での見え方の鮮明度が低下する
(5)「視力の日内変動」一日の中で視力の変動が見られる
(6)「夜間性近視」夜間の視力が低下することがある
(7)「ドライアイ」手術後に眼が乾燥したような感じが現れることがある

これらの副作用は角膜の形状やイントラレーシック手術の失敗が原因と言われています。


イントラレーシック等の視力矯正手術で「失敗」として聞かれることの多くは「近視の戻り」です。

イントラレーシック後は完全に元の近視に戻ることはありません。それだけではなく近くばかり見続けたりすれば新たな近視が発生することもあります。

長時間にわたり裸眼で近くを見続けると水晶体が厚く固定します。それが近視の原因となります。それを防ぐには近くを見続ける時だけ軽い遠視の眼鏡を使用するようです。軽い遠視用メガネをかけると、眼は50cmでも無限大と感じて水晶体は厚くなりません。イントラレーシック後は一時的に軽い遠視が出ます。眼球保護のためにも軽い遠視用のメガネをかけるのが良いのです。


イントラレーシック等の術後に視力が不足して再手術を行うこともあります。
通常、イントラレーシックの再手術ができない例はまずありませんが、角膜の厚さが不足している場合はできないこともあります。


イントラレーシックで失明はしないのか?」と心配する人もいますが、イントラレーシックとは、眼球の表面にある角膜部分の屈折率を調整する手術であり、眼球の内部には触れることはありません。照射されるレーザーは角膜を通過しないので、角膜より内部にレーザーが照射されることもありません。イントラレーシックや他のレーシック手術での失明の事例報告は今のところないようです。


イントラレーシック等の視力回復手術での合併症としては
(1)角膜炎・ドライアイ
(2)照射のずれによる乱視・複視
(3)術後のステロイド点眼薬による眼圧上昇とステロイド性緑内障
などがあります。

イントラレーシック等の視力回復手術の際、「セントラルアイランド現象」が起こる場合があります。これはエキシマレーザー照射中に角膜が蒸散したことにより発生するガスでレーザー光がさえぎられ、角膜中心部へのレーザー照射が不十分となり起こります。

この現象は特定の機器に多く発生する傾向があるようです。イントラレーシック等の視力矯正手術の設備として、その機器を使用しない、あるいはセントラルアイランド防止の措置を取るのが一般的です。


クリニック・眼科の選び方

イントラレーシック手術を価格で選ぶ場合、通常価格としては15万円以上で最高50万円前後のようです。但し価格競争もあるらしく、各種割引やキャンペーン価格の設定がなされていて、大体13万円から18万円前後のクリニックが多いようです。


イントラレーシックは多くの場合、生命保険・医療保険で手術給付金対象の手術となっています。契約内容により3万円〜10万円の手術給付金が支給されることが多いようです。イントラレーシックを受ける前に手術給付金対象かどうか、いくら支給されるか、給付金を受け取るための手続きなどについて確認してみましょう。

保険会社への問い合わせではイントラレーシックの正式な手術名称を聞かれます。「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えます。

給付金の請求には診断書が必要です。保険会社の診断書フォームを入手し、クリニックに診断書を作成してもらいます。クリニックによっては診断書作成費用がかかる場合もあります。

イントラレーシックは確定申告による医療費控除の対象になります。本人および家族が支払った医療費が年間で10万円を超える場合、医療費控除が受けられます。


イントラレーシックを行うクリニックや眼科を選ぶ基準となる特徴として、最新の設備、診療の時間帯、アフターフォローの充実などがあります。

最新の設備としては、イントラレースFS60レーザーでのフラップ作成、エキシマレーザーには世界最高性能の「コンチェルト」を採用となっています。

診療の時間帯で特徴があるクリニックでは「ナイトレーシック」と称し、イントラレーシック手術を会社帰りに行い、翌朝出勤前に診察を行うことで仕事を持つ人の時間的制約を少なくしたコース設定があります。

アフターフォローとして特徴的なクリニックでは「障害保障プログラム」としてイントラレーシック術後1年間の合併症の無料治療や近視の戻りに対する再手術の無料実施などを謳っているクリニックもあります。


加齢黄斑変性-中心が歪んで見えませんか?

中高年の目の病気として最近日本で急増しているのが
加齢黄斑変性です。

この病気は米国の65歳以上での「途中失明率」NO.1です。

それが日本でも急増しているのです。

主な症状は視界の中心に歪みや欠けが生じます。

原因は網膜中心部分の「黄斑」です。
「黄斑」はカメラに例えればフイルムにあたる「網膜」の
もっとも重要な部分です。

この部分に組織変化が起こるのが加齢黄斑変性です。

疾患の状態で2つのタイプに分けられます。

<萎縮型>
網膜上皮細胞が萎縮してもう一枚の膜との間に
老廃物がたまり黄斑の昨日が低下します。

萎縮が中心に及ばなければ失明には至りません。
定期健診で様子を見ます。

<滲出型>
黄斑に溜まった老廃物などのため
新生血管(血流を補うために生理的にできる)が伸び
そこからの血液成分の漏れや出血で
黄斑に大きなダメージが起こります。

進行が早く深刻な視力障害に至ります。


瀬戸内寂聴さんが右目手術 (日刊スポーツ)

瀬戸内寂聴さんが加齢黄斑変性症で手術をなさったと言うニュースがありました。

以下、日刊スポーツの記事を引用させていただきます。



瀬戸内寂聴さんが右目手術 (日刊スポーツ) 
作家瀬戸内寂聴さん(85)が加齢黄斑(おうはん)変症で右目の手術を受けていたことが11日、分かった。この日、館長を務める徳島県立文学書道館(徳島市)で「寂聴展」が始まり、開幕のあいさつで明らかにした。
 瀬戸内さんは、能楽師・世阿弥の晩年を描いた今年5月刊行の小説「秘花」執筆中に目に違和感を覚えるようになったという。視野が狭くなり、もともと良かった視力も低下した。「加齢黄斑変症」と診断され、7月初めに入院してレーザー手術を受けた。症状の進行は止められたという。手術後の右目の視力は0・09で、作家活動には支障がないという。加齢黄斑変症は光を感じる神経の網膜中央にある黄斑に異常が起こるもので、高齢者に多く発症する。

 瀬戸内さんは今月4日に作家小田実さんの告別式で弔辞を読む予定だったが、欠席していた。




[ 2007年8月12日9時37分 ]


この場合は急性の黄斑変性症でしょう。

やはり危険な病気のようです。



dummy dummy dummy